【HJL2020結果】ファイナルステージ(12/20第6日)の試合結果-FS決勝、惜しくもSO戦で敗れ2位-

本日12月20日(土)、大井ホッケー競技場・サブピッチ(東京都大田区)で開催された「高円宮牌2020ホッケー日本リーグ・男子H1」ファイナルステージ・決勝の試合結果をお知らせします。

ファイナルステージ・決勝の試合は、岐阜朝日クラブ BLUE DEVILSと対戦しました。
レギュラーステージ全勝、日本リーグ初制覇を狙うLIEBE栃木は前半から攻撃を仕掛けますが、相手の硬いディフェンスにチャンスを阻まれ、得点に結びつきません。第2クォーター、ゴール前の混戦からPSを獲得しますが、相手GKのナイスセーブに得点することができません。しかし、25分に左サイドの攻撃から加藤が決め、先制します。このまま、1-0のまま前半が終了しました。

第3クォーターは一進一退の攻防が繰り広げられ、1-0のまま最終クォーターに入ります。第4クォーター54分、岐阜朝日クラブはPCで同点に追いつきますが、その1分後、LIEBE栃木もPCから大橋が決め、2-1と点差を突き放します。しかし、このまま終了かと思われた60分、パワープレーに出た岐阜朝日クラブはPCから同点に追いつきSO戦となりました。SO戦は2-4で敗れ、惜しくも準優勝となりました。

これで、今シーズンの全ての試合は終了となります。
コロナ禍のなかではありましたが、ご声援ありがとうございました!
来シーズンも引き続きよろしくお願いいたします。

【第6日・最終日】
 試合No.18
 会場/大井ホッケー競技場(東京都品川区・大田区)
 LIEBE得点/25分加藤、55分大橋

LIEBE 栃木
(RS1位)

2

0-0
1-0
0-0
1-2
2 SO 4

2 岐阜朝日クラブ
BLUE DEVILS

(RS2位)

※一般社団法人ホッケージャパンリーグの試合日程・結果は、こちらから。